危ない 屋根に登る時の注意 | 船戸建装

危ない 屋根に登る時の注意

台風の災害お見舞い申し上げます。

屋根に登る為の、安心の 屋根補修を考えてみました。安全第一

屋根に登った事の無い人が、安全に登るヒントになれば幸いです。

先ず、屋根の勾配が30%以上の場合は 初心者は辞めましょう。

(一般的判断はソーラーパネルの勾配)

梯子を 掛ける時の注意 2段梯子3段梯子

雨又は、濡れている場合には絶対やめましょう。

北側の屋根に掛ける事はお勧めできません。又 滑りにくい履物で登りましょう。

(日当たりが 悪く汚れ、苔が生え 滑りやすい)

出来れば 切妻側にかけましょう。樋をつぶす事も 考えておきましょう。

梯子は 屋根の上から60㎝は高くなる梯子を使いましょう。(7m)

一般的に(2階軒下は6Ⅿ)(登れても 下りる時の事も考えましょう)

梯子を掛ける勾配が大切です。 75度位

なるべく人が 垂直に安全に登る事が出来る勾配。

梯子に たわみが出来る勾配は 安全に見えますが緩すぎです。

足元をしっかり押さえる事も大切ですが、土の中にめり込む事も 考え板など敷きましょう。ロープなどで結ぶことも大切です。

三点支持がとても大切です。

ラフな立ち振る舞いが出来る服装で登りましょう。

一階屋根上から 2階に梯子を掛ける時特に注意です。1階屋根の勾配が左右します。

梯子を畳む時にも注意しましょう。

次回は台風時の屋根の事を 考えた見ます。

Copyright© 船戸建装 All Rights Reserved.