今時の 塗装工事事情

今時の 塗装工事事情

最近の塗装工事から 営業マンに騙されない為の知恵

最近の建物は、ひさしが少なく、隣と壁の境が狭い、風通しも悪く湿気が取れず 壁から、カビやクラックが入り易い。又ベランダの立ち上がりの、すき間から水が入り易い外壁の 窓サッシュ 乾式モルタルや サイジング壁のすき間をコーキング材を充填するが 劣化で10年間位でダメになる。いくら、20年の長持ちをする ペイント 塗料を何回塗っても 無理が現実。塗料会社も 塗料の保証はしても 塗装の10年保証はしない。のが 本音だが 塗料は分かり難く?(本当は簡単)、外壁には匂いの少ない水溶性(水に溶ける)が多く使われる(アクリル型である)油性系は長持ちするがどうしても、臭い近隣に迷惑をかけてクレームが起きやすい。

屋根材も最近はコロニアル瓦の 塗替え塗装が 多く見かけられるが、やはり水性塗料と  油性塗料がある、高圧洗浄が大切だが 瓦が薄く 安価でもある 割れやすく工事後の雨漏りもある その為 経験のある職人がおすすめだが 実際には 仕上がった工事後に 確認は中々難しい。塗装工事は すれば良いのではなく、永い付き合いの始まりである。すごい仮設足場と仮設シート養生に お金をかける大げさな 変な時代  しかも塗装工事程 仕上り出来栄えが 分かり難く 誤魔化しが出来る、 値段差も  激しいのが現実。安心の業者選定が大切

刷毛の使えない 色の調色も出来ない 若い職人が 多く見受けられる。何年保証できるのか 解らないのが残念ながら現実

屋根には必ず 棟が有り笠木が存在する。棟木の腐食 釘の浮きアンテナ線の針金の縛り方向 瓦のずれ 割れ 勾配の点検 もう細管現象等 樋の詰まり 勾配の確認 金具 雪止め 只ペンキを塗ればお仕舞が 残念ながら 現実。写真を見ても中々判定がし難い。

お住まいが見本になるから、とか 近所に来ているから お米を付けるとか 営業マンは言葉巧み 今時の人は修行をしない ペンキのついた作業服を着ていれば 残念ながら職人である。高かろう悪かろう 大流行りの時代 本物はどこに。

2級建築士 1級塗装技能士 船戸

Copyright© 船戸建装 All Rights Reserved.